阪神・近本がファンクラブKIDS会員と交流「また球場で会える日を待っています」

[ 2020年6月6日 12:18 ]

インスタライブでファンクラブKIDS会員とのオンラインミーティングの模様を公開した近本(阪神球団公式インスタグラムより)
Photo By 提供写真

 阪神・近本光司外野手(25)が6日、球団ファンクラブKIDS会員とオンラインミーティングで交流した。

 「第3回FUN FAN ファンミーティング」と題されたイベントにはファンクラブKIDS会員のうち、事前に抽選で選ばれた10人が参加。質疑応答形式で近本が子どもたちの質問に応えた。「足が速くなるコツは?」という質問には「とにかく楽しく走ることが大事かなと思います」とアドバイス。野球以外にも「びっくりするような忘れ物をしたことがありますか」という質問に「社会人の時に東京で試合をスーツで観なきゃいけなくて、その時にベルトを忘れていて、近くのドンキーホーテで2000円ぐらいのベルトを買いました」とお茶目な一面ものぞかせた。また憧れの赤星憲広氏の通算381盗塁を超える自信はという質問には「難しいです(笑)381でしょ。無理っすね…。」と苦笑いを浮かべていた。

 終盤には近本に関するクイズ大会も行われた。最後に近本は「楽しい話ができて自分も元気をもらいました。学校も始まっているところもあるので、しっかり感染予防をして、楽しく過ごしてください。また球場で会える日を待っています」とメッセージを送り、締めくくった。ミーティングの模様は球団公式インスタグラムでもライブ配信され、オンラインイベントは大盛況だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース