中日ドラ3・岡野、15年ぶり新人開幕ローテに前進!西武主軸を3者連続空振りK

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   中日5-8西武 ( 2020年6月5日    メットライフD )

練習試合<西・中>力投する岡野(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーションが見えてきた。中日のドラフト3位・岡野が4回4安打1失点の好投。強力な西武打線に臆することなく立ち向かった。

 「変化球をストライク先行でいってリズムを作りたいなと思っていた。思い切りよく投げ切れたのが、何とか最少失点で抑えられた」

 圧巻は2回だ。山川、外崎、中村と「獅子おどし打線」の中軸を3者連続三振に。特に、3球三振に仕留めた山川には、2ストライクから「すごい足を引いて待っているように見えた。タイミングを外そうと思った」とクイックモーションでスライダーを投げ2年連続パ・リーグ本塁打王のリズムを狂わせ、ハーフスイングで空振りを奪った。

 3回は3連打で1点を失ったが、なおも2死一、三塁で昨季パ・リーグ首位打者の森を遊飛。走者を背負って「慎重に行きすぎた」と反省しながら傷口を広げることはなかった。与田監督も新人右腕の好投に「非常にテンポが良かった。体全体を使って球を低めに集めることができていた」と及第点を与えた。

 球団新人が開幕ローテーションに入ったのは、05年中田賢一(現阪神)が最後。4日はドラフト4位捕手の郡司が躍動。今年の中日ルーキーは粒ぞろいだ。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース