広島 2戦連続零敗で13連敗…佐々岡監督「救いはまだ練習試合だということ」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   広島0-5オリックス ( 2020年6月5日    京セラドーム )

<練習試合 オ・広>試合に敗れ険しい表情の佐々岡監督(奥)=撮影・後藤大輝
Photo By スポニチ

 打てない。安打は3回に先頭の野間が放った左前打だけ。二塁も踏むことができず2試合連続の零敗。開幕を前に広島の投打の歯車がかみ合わない。これで対外試合は13連敗。3月7日の西武戦から2分けを挟んでオープン戦、練習試合とも勝ち星がない。6月の練習試合も4試合で5得点。3本塁打はあるが、タイムリーはゼロ。攻撃がつながらない。

 「13連敗? 救いはまだ練習試合だということ。積極的に打つ中で捉えられていないが、残り8試合で準備はしっかりやらないと」と佐々岡監督。試合前には阪神との2軍戦も視察。この日も5失点した中継ぎ陣のテコ入れも含め、開幕1軍メンバーの検討を重ねた。

 朝山打撃コーチも「丁寧に投げる投手に対して、強く引っ張るだけでは失敗する。逆方向も心がけないと。広島で濃い練習も入れていく」と危機感をにじませた。ムードを高める勝利が欲しい。(鈴木 光)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース