西武・松坂、調整順調で“予定変更”7日の中日戦で中継ぎ登板へ

[ 2020年6月6日 06:00 ]

西武の松坂
Photo By スポニチ

 西武・松坂が7日の中日との練習試合で、中継ぎ登板することになった。予定は1イニング。この日は渡辺久信GMも見守る中、メットライフドームのブルペンで約60球を投じた。

 開幕ローテーションから外れることが決定的な右腕は、シーズンへ慎重に調整を進めるため1軍練習試合の登板予定はなかった。だがブルペンの投球内容も良く、3月下旬にコンディショニング目的で注射を打った右膝の回復具合も順調なため登板機会を得た。「開幕までの少ない時間で、しっかり調子を上げていけるように頑張ります」と話す右腕は、今月下旬のローテーション入りを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース