ヤクルト・山田哲、魅せた“神走塁”タッチかいくぐり貴重な追加点

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト2―2巨人 ( 2020年6月5日    東京ドーム )

<練習試合 巨・ヤ>6回2死二塁、雄平のタイムリーで生還する山田哲。捕手は小林(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が好走塁を見せた。6回に四球で出塁し、青木の捕ゴロの間に二塁に進んだ。続く雄平の右前打で本塁を狙い猛ダッシュ。パーラが好返球したため、間一髪のタイミングだったが、外に回り込んで捕手のタッチをかいくぐり、右手でベースをタッチし、貴重な追加点をもぎ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース