阪神・西勇、開幕戦と同じ“金曜ナイター”で「収穫多い」5回2失点

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   阪神4―7ソフトバンク ( 2020年6月5日    甲子園 )

<練習試合、神・ソ>先発の西勇は5回2失点(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 すべては本番での快投へつながっている。開幕投手に決定している阪神・西勇は、テンポ良くアウトを重ねて5回5安打2失点。前向きな言葉を並べたように不安は皆無で、手にしたものの多さを強調。大役へ障壁は見当たらない。

 「自分の試したいことや、やりたいことはできたと思いますし、今日の登板を踏まえて、これから開幕に向けて自分がやるべきこともあらためて明確になったので、収穫は多かったですし、良い登板だったと思います」

 開幕戦と同じ金曜日のナイターで、序盤から快調に腕を振った。初回は1死から周東を内角のボールゾーンからストライクゾーンに入る「フロントドア」にも見えるボールで見逃し三振。2死から柳田も左飛に仕留めるなど9球で料理した。2回はさらにペースアップし、7球で中軸を3者凡退に封じて安定感を誇示。3回2死二塁から上林に中前適時打を浴び、4回には柳田に右翼へソロを被弾しても相手に流れを渡すことはない。その証拠に5回まで一度も連打を許さず、中盤まで締まった試合を演出した。

 3月20日のヤクルト戦以来となる対外試合で開幕バッテリーが見込まれる梅野と積み重ねた充実の70球。女房役はフロントドアや左打者の内角低めへのスライダーなどを含めた配球を「(ソフトバンクはシーズンでは)対戦しないのでいろいろ試せた」と振り返った。矢野監督も揺るがぬ信頼を口にした。「西らしさというのもしっかり出ている部分もありましたし。もう何も心配してないし、西には任せている。2点取られたといっても、中身のある投球も多かったので、心配はもちろんしてないし、順調に来てるかなと思ってます」。

 開幕まで残り2週間となり、次回は12日のオリックス戦(京セラドーム)に登板する。緻密に着実に「6・19」へ歩みを進めるエースが、いよいよ総仕上げに入る。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース