中日新外国人・シエラ“来日初アーチ”「1本出て良かった」エアタッチに笑み

[ 2020年6月6日 16:27 ]

練習試合   中日7―5西武 ( 2020年6月6日    メットライフドーム )

<練習試合 西・中>6回1死、ソロ本塁打を放つシエラ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 中日・シエラが“来日初ホームラン”を放った。4―4の6回1死走者なしから武隈の139キロ直球を「反応で打てた」と左翼席へ運んだ。来日初の一発に「1本出て良かった。練習を続けて結果につながってよかった」と目尻を下げた。

 ダイヤモンドを一周し、ベンチへ戻るとナインからエアタッチで祝福され「スーパーにとてもうれしかった」と満面の笑み。

 メジャー通算207試合に出場した助っ人は育成選手として今季、入団。3月末に支配下を勝ち取った。だが、レギュラーを目指す左翼は前日5日に本塁打を放ったアルモンテをはじめ福田らライバルが多い。「自分のできることをしっかりやる。一生懸命、今まで通り」と今後の活躍を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース