DeNAドラ3・伊勢「8回の男」だ154キロ!ラミ監督称賛「自信に満ちあふれていた」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   DeNA4-4日本ハム ( 2020年6月5日    横浜 )

<D・日>DeNA・5番手で登板したDeNAの伊勢(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト3位右腕の伊勢が「8回の男」に名乗りを上げた。勝利の方程式の一角としてのテストで1点リードの9回に登板。3安打で1点を失ったが、自己最速の154キロをマークするなど力で押した。ラミレス監督は「いい投球だった。打者にアタックする姿勢が自信に満ちあふれていた」と絶賛。今後も「8回とかで(投げるのを)見てみたい」とした。

 守護神・山崎につなぐリレーの一角の候補に浮上。春季キャンプは2軍だったが、「大卒で入った以上、1日も早く1軍でチームの力になるのは義務」と話していた伊勢が猛アピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース