巨人・丸&岡本が先発で実戦復帰 無安打も回復順調

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   巨人2ー2ヤクルト ( 2020年6月5日    東京D )

<巨・ヤ>4回1死三塁 空振り三振に倒れる巨人・岡本(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 右足親指を痛めていた巨人の丸と、左足打撲の岡本がそれぞれ「3番・中堅」「4番・DH」で先発出場し、実戦復帰を果たした。

 丸は、7回の第3打席に左翼・山崎の好捕に阻まれたものの、フェンス際に鋭い当たりを放ち順調な回復ぶりを見せた。岡本は遊ゴロ、空振り三振と2打席終え交代。2人とも無安打だったが、原監督は「丸も順調に出られた。あとは多少の切れだとか勘という部分だと思う」と話した。

 ▼巨人メルセデス(先発で4回3安打1失点)感触良く投げられた。アグレッシブにゾーン内で攻めの投球ができたと思う。

 ▼巨人鍬原(2番手で5回から登板し2回1失点)ボール自体は悪くなかったが、細かな制球がまだまだ課題。修正したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース