日本ハム・清宮 初安打のち珍プレー 打球当たり守備妨害「もうちょっと自分の足が速いと…」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   日本ハム4-4DeNA ( 2020年6月5日    横浜 )

<D・日>8回2死、左前打を放つ日本ハム・清宮(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が好プレーのち珍プレーだ。6回の一塁守備から途中出場すると、8回に2日から再開した練習試合4試合、8打席目で初安打となる左前打を放った。

 しかし、その後一塁走者として次打者・谷口の一、二塁間を破りそうな当たりをよけきれずに打球が足に当たり、守備妨害に。栗山監督から「あの後は何なんだ」と問われた清宮は「ボールが思ったよりも(速かった)。もうちょっと(自分の)足が速いと」と申し訳なさそうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース