阪神・ボーア 左腕攻略が課題 対左6打数無安打も前向き「試合の中で感じをつかんでいく」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   阪神4-7ソフトバンク ( 2020年6月5日    甲子園 )

<神・ソ>2回無死、阪神・ボーアは中飛に倒れる(投手・ムーア)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 連勝ストップとともに阪神の新外国人、ボーアのバットも小休止となった。2日からの広島3連戦で3戦連発していた4番は、ソフトバンクの先発左腕・ムーアの前に2打席凡退。6回の第3打席も右腕・松本に二飛に打ち取られ、3打数無安打に終わった。

 いくら怪力助っ人でも、毎日打てるわけではない。春先までの実戦15試合で長打0本から一気に調子を上げてきたことを考えれば、1試合無安打でも悲観する必要は皆無だ。ただ、一つ心配点を挙げるなら対左腕となる。来日後の実戦で、左投手相手にはここまで6打数無安打。対戦数が少なく、まだ判断するのは早計ながら、気になるデータだ。

 2回先頭の第1打席はムーアのナックルカーブに中飛。4回先頭では外角いっぱいの150キロ直球に見逃し三振に倒れた。マーリンズ時代の15、17年に計5度対戦し2安打を放っていたが、この日に限ってはメジャー通算54勝の相手の投球が上回った。矢野監督も「自分のスイングは今日もできていたと思う。左も右もこれから対戦があるんでね。今日、特にどうこうはない」と振り返った。

 4日の試合後に「練習というよりは、試合、試合という中で感じをつかんでいくのが自分のスタイル。今こうして試合を毎日続けてできているので、そこが一番大きい」と話していたB砲。左腕との次回対戦では結果を出し、首脳陣をさらに安心させたい。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース