西武・ニール 制球不安で5回5失点「修正しないといけない」

[ 2020年6月6日 05:30 ]

練習試合   西武8―5中日 ( 2020年6月5日    メットライフD )

練習試合<西・中>5回5失点だったニール(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 西武・ニールが中日戦に先発して5回9安打5失点。持ち前の制球力が影を潜め、2回に井領に右越え3ランを浴びるなど2本塁打を浴び「体の切れがなかった。ちょっとした制球ミスが続いた。修正しないといけない」と首をかしげた。

 それでも昨季12勝をマークした大黒柱は「プロとして自信のある部分もある」と力強い。練習試合の登板は残り1試合の予定で、辻監督は「次にしっかり投げてくれればいい」と冷静だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月6日のニュース