DeNA・桜井 14日の日本ハム戦先発“ゾーンで勝負”意識 清宮と再戦の可能性も

[ 2020年3月13日 17:32 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年3月14日    札幌D )

 DeNAの桜井周斗投手が14日の日本ハムとのオープン戦(札幌ドーム)に先発する。

 先発ローテーション入りを目指してし烈な争いの真っ只中にいる左腕は「コーチから“ゾーンで勝負していっていない”と言われたので、そこを意識したい。またコンビネーションを見せられたら」と意気込みを語った。

 相手の打線の中には、高校時代からしのぎを削った清宮がいる。日大三2年秋、東京都大会決勝で早実の清宮から5連続三振を奪い「清宮キラー」として名をはせた。プロ入り後は新人時代の18年にオープン戦で対決して3球三振に斬った。ライバルは右肘手術から復帰したばかりとあってスタメン出場するかは微妙だが、再戦の可能性もある。「誰との対戦するとか気にしていられる状況ではない。ただ彼もチームの中心選手だと思うので、そういう選手に対してどういうピッチングができるかは大事になる」と冷静に語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース