西武・山川 特大オープン第3号、今季初の本拠地弾「手応えは完璧」

[ 2020年3月13日 16:03 ]

オープン戦   西武―ヤクルト ( 2020年3月13日    メットライフD )

<西・ヤ>7回1死二塁、2ランを放つ山川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の山川穂高内野手が13日、ヤクルトとのオープン戦(メットライフドーム)に出場し、4―2の7回1死二塁の第4打席で、交代したばかりの今野龍太投手の初球の甘いカーブを左翼席上段へ運んだ。

 オープン戦第3号に「テレビの前で応援してくれているファンのためにも打ててよかったです。手応えは完璧でした」と笑顔。今季初の本拠地での一戦で「どすこい」ポーズを披露した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース