阪神ドラ2・井上 関西国際大戦の4回に左越え本塁打

[ 2020年3月13日 14:03 ]

練習試合   阪神2軍―関西国際大 ( 2020年3月13日    鳴尾浜球場 )

<阪神2軍 神・関西国際大> 4回無死二塁、本塁打を放つ井上 (撮影・平嶋 理子)                                         
Photo By スポニチ

 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(18=履正社)が4回に左越え2ランを放った。

 無死二塁で打席に立つと、今秋ドラフト候補の左腕・武次に対して2ボール1ストライクから内角寄りのスライダーに反応。バットの先端で捉えた滞空時間の長い当たりは、鳴尾浜球場の左翼フェンスをぎりぎりでオーバーした。

 8日の巨人戦で1軍初安打初打点を放つなど存在感を放つ期待の長距離打者が、早くもプロ入り後3本目のアーチをかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース