阪神の選手会長・梅野「ファンと一緒に開幕できることを望んでいる」

[ 2020年3月13日 05:30 ]

フリー打撃を行う梅野(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 選抜高校野球の中止が象徴するように、自粛ムードは拡大する一方だ。そんななか、引き続き開催されるのがオープン戦。阪神の選手会長・梅野はそんな現状に感謝を述べるとともに、揺るがぬ決意を表明した。

 「試合をやらせてもらえることに感謝しないといけない。僕たちはファンと一緒に開幕できることを望んでいる。通常開催ができるとなった時に、いつも以上に喜んでもらえるような準備をしていきたいと思います」

 与えられた役割を理解し、力強い言葉を発した。通常開催されるその日まで最善を尽くすしかない。その上で、「プロはプロで、少年野球の時に教わったような“声出し”をすごくやっている。無観客だからこそ楽しんでもらえる部分だと思うので、注目してくれたら」と、ならではの楽しみ方を提案した。

 2年目の近本も「試合中にどういうことになっているのか…ということは伝えられる」と同じ思いを口にする。すでに現場で応援できないファンを思いやった行動を取るべく、チームが計画中のSNSを用いたファンサービスを実施済みだ。近本はなおも言う。

 「いつ開幕するのか分からない不安は僕たちだけじゃない。今はテレビでしか試合を見られない状況なので、例えば選手のプライベートな一面だったり、これを機に伝えていければ」。明るい話題を届けるという使命が、猛虎にはある。矢野監督も「俺らの姿を楽しみにしてくれる人がたくさんいるし、それを意識してやっていきたいと思っています」と力強く誓った。(巻木 周平) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース