DeNA開幕投手・今永が4回無失点「球速も出ていたし、全体として良かった」最速149キロ

[ 2020年3月13日 20:43 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年3月13日    札幌D )

<日・D>力投するDeNA先発の今永(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DeNAは開幕投手に内定している今永昇太投手が先発し、4回3安打無失点だった。

 「開幕は延期になりましたが、3月20日にするという仮定の下、1週間前の段階で自分がどれくらいかやりたかった。球速も出ていたし、ピッチング全体としては良かった」

 初回2死から近藤を直球で追い込み、内角のカットボールで見逃し三振。2回には連打で無死一、二塁も後続を断った。4回は連続四球で招いた無死一、二塁のピンチも王をスライダーで一ゴロ併殺打。最後は大田を右飛に仕留めた。球数は72球を要したが、最速149キロをマークし本塁を踏ませなかった。

 開幕日はいまだ見えない状況だが「ずっと同じコンディションを保つのは難しいと思う。調子が落ちてもいいと思うし、あくまで開幕の時に上り調子でいけるように。強化に当てたい」と来るべき日を向けて調整を続けていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース