星稜・林監督 センバツ中止は「残念の一言」も「英断だったと思う」

[ 2020年3月13日 05:30 ]

 星稜(石川)の林和成監督が金沢市の同校で取材に応じ「残念の一言ですが、いろんな部活動が中止になっていたので致し方ない。英断だったと思う」と心境を語った。

 今回が5季連続の甲子園大会出場で昨夏は準優勝。この日は午前中にミーティングのみを行い「表情を見て話を聞いたら、思った以上に気持ちを切り替えていた」と、選手たちは落ち着いて状況を受け入れていた。中止判断については「最後まで開催したいという思いが伝わってきた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月13日のニュース