レイズ・筒香「1番・三塁」で無安打 ナ最優秀防御率左腕と対戦「失投が少ない」

[ 2020年3月10日 07:00 ]

ブルージェイズ戦で出番を終え、取材に応じる筒香
Photo By スポニチ

 レイズの筒香嘉智内野手(28)が9日(日本時間10日)、米フロリダ州ダンイーデンで行われた敵地ブルージェイズ戦に「1番・三塁」で出場し、3打数無安打、1三振だった。

 昨季ナ・リーグ最優秀防御率でブ軍に新加入した左腕・柳賢振リュヒョンジンと初対戦。初回は先頭で初球を打って二ゴロ。3回1死一塁では2ボール2ストライクから外角のチェンジアップに空振り三振を喫した。6回は先頭で左腕ゼプチェンスキーの91マイル(約146キロ)直球にゴロを打たされ、内野シフトで遊撃の位置にいた三塁手に処理された。守っては5回にジャンセンの三ゴロを難なくさばき、軽快な動きでスローイングも正確だった。6回の守備で交代した。

 出番を終えた筒香は柳賢振の印象について「やっぱりコントロールも良いですし、球の切れも良いですし、素晴らしい投手だと思います。凄く丁寧にというか失投が少ない投手だと思いました」。これでオープン戦打率は・217。公式戦ではないとはいえ、結果が出ず、もどかしい日々が続くが「いろいろなことを試しながら、シーズン中にいろいろなことが起こりえるので。その中でもある程度、結果というのは数字として事実として出てしまうので。打てていないという現状はありますけど、それを周りにどう判断されてもしようがないですので。自分ではあくまでシーズンに向けてベストでできるように、良い準備をするだけだと思っています」と泰然としていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース