オリ新助っ人ロドリゲス、1軍復帰即初安打「戻ってこられてよかった」

[ 2020年3月10日 15:28 ]

オープン戦   オリックス―中日 ( 2020年3月10日    京セラドーム )

<オ・中>2回無死、左中間二塁打を放つロドリゲス(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 オリックスの新外国人アデルリン・ロドリゲス内野手がオープン戦初安打を放った。2回の先頭で、中日岡野の変化球をとらえて、左翼越えとなる二塁打。「この時期は結果よりも、ケガを感じることなく試合に出られたことが一番。チームに戻ってこられてよかった」と話した。

 ロドリゲスは宮崎キャンプ中に右外腹斜筋損傷で離脱し、1軍復帰まで約3週間かかった。開幕が延期するため調整時間は確保されたが、「自分のことだけを考えれば良かったが、みんな準備をしていたし、お客さんのことを考えれば、そう思わない」と複雑な表情を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース