ソフトB・ムーア 5回2安打無失点の好投 走者背負うも要所をピシャリ

[ 2020年3月10日 15:39 ]

オープン戦   ソフトバンク―巨人 ( 2020年3月10日    ペイペイドーム )

<オープン戦 ソ・巨1>ソフトバンク先発のムーア(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの新外国人左腕マット・ムーア投手(30)が10日、巨人とのオープン戦(ペイペイドーム)に先発登板。5回2安打無失点と好投した。

 初回は三者凡退の立ち上がりで、直後の攻撃で味方打線が一挙5得点で先制。2回は内野安打と死球で1死一、二塁とされるも、7番・大城、8番・モタをともに空振り三振に切って無失点に抑えた。3回も2死二塁とピンチを迎えるも3番・丸から空振り三振を奪って得点を与えなかった。

 リードが7点に変わった4回は三者凡退で終え、5回は2死から9番・北村を四球で出塁させるも、1番・吉川を高めの直球で空振り三振。この回で降板となったムーアは5回で打者19人に対し65球を投げ、2安打無失点2四死球、6奪三振という内容だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース