巨人・戸郷「悪かったのが一気に出た」4回途中10失点KOにガックリ

[ 2020年3月10日 15:21 ]

オープン戦   ソフトバンク―巨人 ( 2020年3月10日    ペイペイD )

<ソ・巨>4回1死一、二塁、松田宣に左越え本塁打を打たれガックリの戸郷(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りへ期待の大きい巨人の2年目・戸郷が、ソフトバンク打線にめった打ちにあった。

 初回に1点を奪われ、なお無死一、三塁でバレンティンに中堅への3ランを被弾。続く松田宣にも左翼へ連続本塁打を浴び、1番打者からの5連打で5失点した。

 3回に2死二、三塁で甲斐に左中間二塁打。4回には1死一、二塁から松田宣に2本目となる3ランを許した。

 3回2/3を9安打10失点(自責9)。これまで好投を続けていた高卒2年の期待の星は「今まで調子が良かった分、悪かったのが一気に出た」と唇を噛んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース