中日・岡野 4回4安打2失点「修正できた」 開幕延期に前向き「チャンス」

[ 2020年3月10日 14:55 ]

オープン戦   中日―オリックス ( 2020年3月10日    京セラD )

<オープン戦 オ・中>力投する中日先発・岡野(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 中日の先発・岡野は4回4安打2失点。2回に失策が絡み2点を失ったが、尻上がりに調子を上げ、3回以降の2イニングは無安打ピッチング。特に3回1死では青学大の1学年先輩・吉田正を外角144キロ直球で見逃し三振に仕留め「1、2回は先頭打者をだしてカウントが悪かったのが反省点。直球で押していこうと多めに投げ、修正できた」と振り返った。

 先発ローテーション入りを目指すドラフト3位右腕にとって、開幕延期は「準備、アピールする時間が増えた。実績がない自分はチャンス」と前向きに捉え、次戦以降もアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース