中日ドラ1・石川昂、左肩腱板炎から回復順調 フリー打撃再開「楽しかった」

[ 2020年3月10日 05:30 ]

フリー打撃を再開し、快音を響かせる石川昂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 2月の沖縄キャンプ中に左肩腱板炎を発症した中日のドラフト1位・石川昂(東邦)が、ナゴヤ球場の屋内練習場でフリー打撃を再開した。

 軽いスイングから徐々に強度を上げて計71スイングを実施。最後は快音を連発するなど順調な回復ぶりを見せて「楽しかった」と充実の汗を拭った。現在の回復ぶりについては「まだまだ7、8割」と話したが「(肩は)全く問題ない」。今後も患部の状態を慎重に見極めながら、継続して打撃練習を行っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース