巨人・原監督「ファンとともにスタート切りたい」無観客は「一番避けたい」

[ 2020年3月10日 05:30 ]

プロ野球開幕延期

巨人・原監督
Photo By スポニチ

 巨人・原監督が9日、大観衆のファンとともに開幕を迎えたい思いを熱く語った。遠征先の福岡に向かう新大阪駅で「希望を言うなら、ファンとともに球春到来という形でスタートは切りたい。一番避けたいのは無観客」と個人的な見解を述べた。

 NPBは4月中の開幕を目指すが、明確な時期は不透明だ。現場を指揮する身としては、開幕ローテーションやオーダーなど難しい判断を迫られる。それでも通算1024勝の名将は「時間は公平にあるわけだから。時間をうまく使う」と前向きに、あらゆる事態を想定していく。

 現在は無観客でのオープン戦が続くが、公式戦については「映像だけ見せればいいものじゃない」と持論を話した。「選手、コーチ、監督としてやってきた中で、やっぱりファンとともに(開幕を)迎えたい。選手も張り切るよ。少なからず俺も張り切るよ!」と、開幕の舞台を思い描いた。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース