阪神・井上、教育リーグで適時二塁打

[ 2020年3月10日 14:40 ]

教育リーグ   ソフトバンク―阪神 ( 2020年3月10日    タマスタ筑後 )

阪神・井上
Photo By スポニチ

 阪神・井上広大外野手(18=履正社)が0―1の6回1死一、二塁から左中間を割る適時二塁打を放った。

 4回先頭の第2打席で空振り三振にたおれた左腕・渡辺健に対して、1ストライクから2球目のカーブを左中間に運んだ。

 8日のオープン戦・巨人戦の8回に代打で1軍初安打初打点となる左越え適時二塁打を放った期待の長距離打者は、この日から再び2軍戦に出場。巨人戦と同じく同点に追いつくタイムリーで、早速結果を残した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース