プロ野球開幕延期、7割が「やむなし」…「今シーズン中止もあり」の声も

[ 2020年3月10日 05:30 ]

<NPB 会見>会見に臨む(左から)斉藤コミッショナー、巨人の今村球団社長(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 プロ野球の開幕延期決定を受け、ツイッター「スポニチ野球記者」では緊急アンケートを実施。ファンの声を募ったところ、「4月上旬など期限を決めての開幕延期」に賛成の声が46%。「期限を決めずに開幕延期」の24%と合わせて、7割が開幕延期もやむなしの意見だった。一方で「延期に反対」は30%だった。

 「先が全く読めない上に対策も不十分なら絶対やるべきではない。きちんと対策ができる状態になってからでも遅くない」

 「興行である以上、観客を入れられない現状からやむを得ない判断かと。観客の安全を確保できるまで延期するしかない」

 「本音を言えば予定通りやってほしいけど、かといって“球場に行った人で感染者急増”という事態も避けなければならないし」

 「どうすれば開幕できるのかの基準や対策を明確にしてほしい。完全終息が基準なら、いつになっても開幕できない」

 「延期はやむを得ない。プロ野球だけ特別ってわけにはいかないでしょう。ただ生命の安全を考えての延期か――。野球観戦はそれこそ“生きがい”なんだけどな」

 「延期は仕方のないことだと思うのですが、期限を決めずにだと選手の調整は大丈夫なのか?と心配になってしまいます。あまりずれ込むようなら今シーズン中止もありだと思います」

 「賛否が出るのは当然。正直何が正解か分からないです…」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース