鳥谷加入のロッテ、内野事情は…手薄な二遊間、バックアップ要員も未知数

[ 2020年3月10日 05:30 ]

遊撃の守備につく阪神時代の鳥谷
Photo By スポニチ

 昨季限りで阪神を退団し、自由契約となった鳥谷敬内野手(38)がロッテに入団することが9日、分かった。近日中にも発表される。鳥谷は現役続行を目指していたが、移籍先が決まらず去就が注目されていた。通算2085安打を誇る阪神のスター選手が、プロ17年目となる今季もユニホームに袖を通すことが決まった。

 ≪ロッテの内野事情≫2年連続24本塁打を放った4番・井上が一塁手に座り、三塁手には16年本塁打王のレアードがいる。そこに3年目の安田が割って入れ るかが注目される。一方で二遊間は手薄な状況だ。二塁手・中村奨、遊撃手・藤岡がレギュラーとなるが、平沢、三木は故障で出遅れている。バックアップ要員は 楽天から移籍してきた20歳の西巻、ドラフト5位・福田光(法大)の若手で未知数といった印象だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース