阪神 17日ぶり実戦登板の高橋は4回2安打1失点 最速151キロ主体に5三振

[ 2020年3月10日 14:18 ]

教育リーグ   ソフトバンク―阪神 ( 2020年3月10日    タマスタ筑後 )

<教育リーグ 神・ソ>ソフトバンク戦で力投する阪神・高橋
Photo By スポニチ

 阪神先発の高橋は4回2安打1失点。最速151キロの直球を主体に5三振を奪うなど状態の良さを示した。

 2回には田城からフォークで空振り三振を奪うと、続く古澤には1ボール2ストライクからこの日最速151キロのストレートで見逃し三振を奪うなど、持ち味の鋭い直球が冴えた。

 3回2死から上林に117キロの変化球を捉えられると、中堅フェンスに直撃し跳ね返った打球がそのまま転々とする間に上林が本塁に生還。ランニング本塁打で1点こそ失ったものの、西田から空振り三振を奪って後続を断ち、続く4回も3者凡退に抑え予定の投球回を終えた。

 春季キャンプからの蓄積疲労を考慮され、この日が17日ぶりの実戦マウンド。その影響を感じさせない力強い投球をみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月10日のニュース