ソフトBグラシアルがシリーズMVP ポストシーズン11戦6発「1年目の経験が生きている」

[ 2019年10月23日 22:22 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

4回1死一、三塁、グラシアルは先制3ランホームランを放ち、笑顔でガッツポーズ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 4回に決勝点となる先制3ランを放ったソフトバンク・グラシアルが日本シリーズMVPに輝いた。

 MVPに選出され「本当にうれしい」と喜びを語ったグラシアル。加入して2年連続の日本一に「長いシーズンを全員で戦った結果」と胸を張った。

 レギュラーシーズンでは103試合に出場し打率・.319、28本塁打を記録し、ポストシーズンでは11戦6発の大暴れ。日本シリーズでも3本塁打を放ち、チームに欠かせない存在となったキューバ人助っ人は「1年目の経験が生きて、落ち着いてプレーできている」と飛躍の要因を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース