今年もパ優勢変わらず 2013年楽天から7年連続パ球団が日本一に セは交流戦でも10年連続負け越し中

[ 2019年10月23日 22:05 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク4―3巨人 ( 2019年10月19日    ヤフオクD )

<日本シリーズ 巨・ソ>日本一を決めて胴上げされる工藤監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが敵地・東京ドームで巨人に4―3で勝利を収め、日本シリーズ第1戦から4連勝。球団初となる3年連続日本一に輝いた。レギュラーシーズンでは2年連続2位だったが、楽天とのクライマックスシリーズ(CS)第2戦から驚異のポストシーズン10連勝フィニッシュとなった。

 また、ソフトバンクは3年連続10度目の日本一で、巨人の22度、西武の13度に次いで史上3チーム目の2桁日本一に。パ・リーグはこれで2013年の楽天から7年連続の日本一となった。

 2005年にスタートした交流戦もパ・リーグが10年連続勝ち越し中。セ・リーグが勝ち越したのは2009年の1度だけで、パ・リーグ優勢が続いている。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース