日本ハム4位 JX―ENEOS・鈴木「右打者を抑えるのが仕事」西武・山川斬る!

[ 2019年10月23日 05:30 ]

坂本スカウト(左)から指名あいさつを受けた日本ハムのドラフト4位・鈴木(JX―ENEOS)
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト4位で指名を受けたJX―ENEOSの最速147キロのサイド右腕・鈴木が西武・山川斬りを誓った。

 川崎市内の同社合宿所で大渕スカウト部長らから指名あいさつを受けた21歳は、対戦したい打者に山川を挙げ「自分は右打者を抑えるのが仕事。本塁打を多く打っているし、自分の力がどれくらい通用するか試したい」と力を込めた。

 山川は今季日本ハムから球団別では2位タイの8本塁打を放ち、打率.276も2位。今季5位からの巻き返しへリーグ2連覇中の主砲を抑えることは必須で、「中継ぎとして年間60試合投げたい」という変則右腕に期待がかかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース