中日 5位指名の本格派右腕・岡林に二刀流プラン!通算21発魅力「本人と話し合う」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

菰野の岡林勇希投手
Photo By スポニチ

 中日がドラフト5位で指名した菰野・岡林勇希投手(17)に二刀流プランが浮上した。左手を高々と上げる独特のフォームから最速153キロを繰り出す本格派右腕の一方、高校通算21本塁打を誇る打撃センスも抜群。投手指名ながら野手能力も高く評価し、球団関係者が「これから本人ときちんと話し合う」と野手挑戦の可能性があることを明かした。

 今秋は亀沢ら野手5人を戦力外にし、ドラフト会議での野手指名は1位の内野手・石川と4位の捕手・郡司の2人だけ。外野手は1人も指名しなかった。岡林は50メートル走5秒8の俊足も魅力として兼ね備え、大島、平田の後を継ぐ次代のレギュラー候補になる可能性も秘めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース