ソフトB・福山スカウトチーフ ドラ2東海大・海野に指名あいさつ 「肩は(甲斐)拓也と同じレベル」

[ 2019年10月23日 19:51 ]

ソフトバンクから指名挨拶を受けたドラフト2位の東海大・海野(左から福山龍太郎アマスカウトチーフ、海野、永井智浩スカウト部長、荒金久雄スカウト)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフトでソフトバンクから2位で指名された東海大・海野隆司捕手(22)が23日、神奈川県内の同校で指名あいさつを受けた。

 出席した福山龍太郎アマスカウトチーフは「2位で彼を獲れるとは思っていなかった。大学でナンバー1の捕手だと思う」と改めて評価。二塁送球完了1秒7台を誇る海野は大学日本代表でも最多マスクをかぶるなど、その実力は折り紙付きだ。「肩は(甲斐)拓也と同じレベル。拓也は本当に日本を代表するレベルの捕手に成長してくれたけど、海野くんなら乗り越えてくれる大きな壁になると思う」と期待した。

 海野自身は「ソフトバンクさんは個々の能力も高くて強いチーム」と印象を口に。プロ入り後の目標については「球界を代表するキャッチャーになりたい」と力強く言った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース