東洋大・佐藤都 1番打者で1安打、100安打まであと5本 ロッテのドラフト2位

[ 2019年10月23日 15:16 ]

東都大学野球秋季リーグ戦最終週第1日1回戦   東洋大0-―3中大 ( 2019年10月23日    神宮 )

東洋大・佐藤都
Photo By スポニチ

 ロッテからドラフト2位に指名された東洋大の打てる捕手・佐藤都志也(聖光学院)が1番右翼で先発出場。通算100安打にあと6本と迫り、少しでも打席数を多く回すための特例処置。2打席目に詰まりながらも右翼線に落とす二塁打を放ったが、5打数1安打に終わった。

 「(中大の)後藤は球速表示よりボールが手元で伸びていて、ちょっと詰まりました。あす5打数5安打するだけ。できなかったら終わるだけですから」本人は時折笑顔も見せて話した。そして「あす勝って3回戦に持っていきたい」と中大の完全V阻止に意欲をみせる。5の5は至難の業。3回戦に持ち込み可能性を膨らませたいところだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース