巨人・山口オーナー 来季の日本一奪還へゲキ「気持ちを入れ直してやっていかないと」

[ 2019年10月23日 22:14 ]

<日本シリーズ 巨・ソ>9回2死一塁、空振り三振に倒れた坂本勇(右端)がベンチに戻る中、じっと優勝に喜ぶソフトバンクナインを見つめる阿部(左から4人目)ら巨人ナイン (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人山口寿一オーナー(62)が23日、東京ドームでの日本シリーズでの4連敗敗戦を見届けて来季の日本一奪還を強く求めた。

 「日本シリーズで1つも勝てないで敗退した。選手たちは全力を尽くしてくれて最後まで諦めずによくやってくれたと思っています。ただ、球団としてはこれでいいという訳にはいかないと思っています」と第一声。

 圧倒されたソフトバンクについて「ホークスと比べてあらゆるところで、総合力で足りてないと言うことがはっきりした。来年に向けて明日から球団としてはとりくむべきことは色々あるだろうと思っている」とした。

 また結果を受けてチームには「リーグ優勝はできたけれども、日本一にはまったく手が届かなかったということなので、これは相当、気持ちを入れ直してやっていかないといけないと思っています」と危機感を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース