巨人3連敗で崖っ縁…ルーキー高橋&戸郷、悔やしすぎる初大舞台 原監督逆転日本一諦めん

[ 2019年10月23日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第3戦   巨人2-6ソフトバンク ( 2019年10月22日    東京D )

4回2死満塁、柳田に押し出し四球を与えマウンド上に集まる戸郷(右から2人目)ら巨人ナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 巨人が日本シリーズで0勝3敗と追い込まれたのは通算7度目。「思い描いてたリレーではあった」と言う原監督は、4回に4失点した高卒新人の戸郷について「自分のピッチングができなかった。四球、エラーなんかそうですね」と続けた。

 3回途中まで新人左腕の高橋が2失点で粘り、鍵谷に継投。同点に追いついた直後の4回、送り出された戸郷に「らしさ」を失うミスが起こった。CSファイナルSでは第3戦で先発。「第2先発」としても期待されていた19歳にとって、それが初めて経験する大舞台で致命傷になった。

 内川の左前打と四球で1死一、二塁とし、バンデンハークが投前に送りバントした場面だ。「ファーストかと思った」とチャージしながら、送球先を判断した。しかし三塁送球を指示され、ワンバウンドの悪送球に。これで1死満塁としてしまい「最初からサードに投げる気持ちがあれば、アウトにできていた」。一挙4点を奪われる引き金となった。

 原監督は「ああいう場面で、次は自分のピッチングをしますよ。本人たちは懸命に違った環境の中で、もがきながらプレーしてる」と言い、敗戦を糧とすることを期待した。この日登板した7投手のうち、4人が今回が日本シリーズ初出場と若いチームだ。

 89年は3連敗から4連勝し、逆転で日本一に輝いている。23日の第4戦は、腰痛から復帰した菅野が先発。指揮官は「先発ピッチャーが頑張るというのが、主導権を握る、握らない、というのはある」と大黒柱に思いを託した。(神田 佑)

 ▼巨人高橋(ルーキーながら日本シリーズ先発に抜てきされるも、2回2/3を3安打2失点)レギュラーシーズンやCSとは違う緊張感があった。なかなか流れをつかめず、自分の力を出し切れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース