巨人・亀井、37歳の意地 PS史上初の初回先頭弾から2打席連発「うまく打ちたいと思っていた」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第3戦   巨人2-6ソフトバンク ( 2019年10月22日    東京D )

3回1死、亀井は2打席連続となる右越えソロホームランを放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 3連敗を喫した中で、巨人・亀井が意地を見せた。1―2の3回1死。バンデンハークの内角スライダーを右翼ポール際の2階席へ運ぶ特大ソロ。ポストシーズン史上初となる初回先頭弾から2打席連続アーチをぶち込み、右人さし指を一塁ベンチへ掲げた。

 「自分の状態は悪くなかった。うまく打ちたいと思っていた」。1本目は、高め154キロ直球を完璧に捉え右翼席へ先制ソロ。日本ハムと激突した09年の第5戦の9回に同点ソロを放って以来の日本シリーズ弾だ。

 この10年前の一発が脳裏に焼き付いている。「やっぱり阿部さんと一緒に打ったからね」。今季限りで引退する阿部が直後にサヨナラアーチを放った。同じ中大出身で尊敬する先輩とのアベック弾は、誇らしい思い出。今回も何とか勝利につなげたかった。

 チームは日本シリーズワーストタイ記録の13三振を喫し、得点は亀井のソロ2本のみで完敗。「1本出たので、明日も何とか出塁できるようにやっていく。勝つしかない。全力を出し切りたい」と亀井。崖っ縁からやり返すだけだ。(青森 正宣)

 ○…先発1番の亀井(巨)が初回、3回と2打席連続本塁打。シリーズの初回先頭打者弾は12年第2戦長野(巨)以来7年ぶり12人目(13度目)。初回先頭打者弾を含む2本塁打はシリーズ史上初めてだ。シリーズの1試合2本以上は15年第3戦山田哲(ヤ)の3本を含め29人目(34度目)。巨人では73年第3戦の堀内恒夫(投手)以来46年ぶり6人目(11度目)。

 ○…亀井は現在37歳2カ月。初回先頭打者弾の最年長記録は99年第2戦秋山幸二(ダイエー)の37歳6カ月で、亀井はそれに次ぐ年長2位。また、亀井のシリーズアーチは09年第2、第5戦に次いで10年ぶり通算4本目。シリーズ10年ぶりの本塁打は00年第5戦村田真一、今季第1戦阿部と並ぶチーム最長ブランクだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース