勝てば日本一のソフトB、グラシアルの3ランで先制!2試合連発 今シリーズ3本目

[ 2019年10月23日 19:22 ]

SMBC日本シリーズ2019第4戦   ソフトバンク―巨人 ( 2019年10月23日    東京D )

4回1死一、三塁、先制3ランを放つグラシアル(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 3年連続の日本一に王手をかけているソフトバンクが、4回にグラシアルの2試合連発となる3ランで先制した。

 3回まで巨人先発・菅野の前に1安打に抑えられたが、4回に今宮とデスパイネの安打で1死一、三塁の好機。ここで打席に入ったグラシアルがフルカウントから菅野の外角スライダーをとらえ、バックスクリーン左に今シリーズ3号となる先制3ランを放った。

 グラシアルは、2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にキューバ代表として出場し、東京ドームで菅野から2ランを放っており「最高の結果になってくれた」と語った。

 勝てば球団史上10度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本一が決まる一戦。好投を続ける先発の和田に大きな援護点となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース