ソフトB「4番・左翼」デスパお目覚め2打席連続適時打 第1、2戦無安打も「必ず自分は打てる」

[ 2019年10月23日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2019第3戦   ソフトバンク6ー2巨人 ( 2019年10月22日    東京D )

4回2死満塁、2点適時打を放ちガッツポーズするデスパイネ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 まさに4番の働きだ。過去2試合は無安打だったソフトバンク・デスパイネだが「必ず自分は打てると自信を持ってやってきた」。その言葉通り、同点の3回2死一、二塁で中前適時打。2点を勝ち越して迎えた4回2死満塁では左前に2点適時打だ。

 守備の不安を補って余りある活躍。「一打席一打席集中して、走者を還すことができた」と話した助っ人は「4連勝で明日、胴上げができるよう頑張る」と一気の日本一を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月23日のニュース