巨人・阿部、ファン号泣も…セレモニーで涙を我慢した理由

[ 2019年9月27日 22:20 ]

セ・リーグ   巨人6ー4DeNA ( 2019年9月27日    東京D )

<巨・D25>ファンの声援に手を振って応える阿部(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今季限りでの現役引退を表明した巨人・阿部が27日、本拠地最終戦となるDeNA戦に「4番・捕手」で先発出場。1-2の4回に今季7号ソロを放ち、勝利に貢献。自らの引退セレモニーが行われる試合に花を添えた。

 セレモニーでは「まずはじめに、今日このような試合を企画していただいた巨人軍の皆さま、本当にありがとうございます」とあいさつ。「そしてこのような試合に付き合っていただきましたラミちゃん、横浜ベイスターズファン、本当にありがとうございます」と元同僚のラミレス監督率いるDeNAサイドにも感謝。「もちろん、今日もたくさん“慎之助コール”をしていただき本当に感謝しています。ありがとうございます」と超満員のファン全員に思いを伝えた。

 試合後インタビューでは、セレモニーで最後まで涙を流さなった理由について聞かれると「日本一になって泣こうかなと思っている。感極まるところはいっぱいあったが、自分にはまだこれから大事な試合があるのに、涙を流してしまうと気持ちが切れてしまうのではと思ったので我慢してます」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース