【広島・赤松引退スピーチ全文1】想像と違ったプロ生活…でも「1軍の舞台で試合をするのは最高です」

[ 2019年9月27日 22:30 ]

セ・リーグ   広島1―4中日 ( 2019年9月27日    マツダ )

<広・中>引退セレモニーであいさつする赤松 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 2017年1月に胃がん手術を受け、今季限りで現役を引退することになった広島の赤松真人外野手(37)が27日に行われた中日戦(マツダ)後に引退セレモニーに臨み、15年間のプロ野球選手生活を終えた。

 試合前に2人の愛息とともに始球式を行い、試合では1―4で迎えた9回に長野に代わって4番に入り中堅の守備につくも守備機会なし。打席に立つこともなかったが、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年の10月1日にヤクルト戦(マツダ)で出場して以来1091日ぶりの1軍出場だった。セレモニーでマイクの前に立った赤松は時折涙で言葉に詰まりながらも懸命にスピーチ。闘病の支えにもなっていた後輩の菊池涼が号泣しながら花束贈呈役を務め、チームメートの手で5度宙に舞った。

 赤松の引退セレモニーでのスピーチ全文は以下の通り。

 きょうは僕のために時間を作っていただき、球団関係者の皆さま、監督、コーチ、選手、スタッフの皆さま、本当にありがとうございます。僕は幸せ者です。成績もあまり残せていませんが、このようなセレモニーをしていただき、感謝しかありません。ありがとうございます。

 小さい頃からやってきた野球。僕が思い描いていたプロの世界は華やかでかっこよくてキラキラしているイメージでした。しかし、プロに入ってみると、僕より一回り以上上の先輩方が汗水を流し、ドロドロになって練習をされていました。正直、ちょっと引きました。とんでもないところに入ってしまった、と。しかし、その中で結果を出せなければ、1軍の試合、ましてや2軍の試合すら出られません。練習の毎日でした。野球が好きという気持ちは常に持って練習をしていました。1軍の舞台で試合をするのは最高です。たくさんの人が見ています。たくさんの応援があります。本当に…本当に心強いです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース