日本ハム・大田 プロ11年目初20号 移籍初4番で決めた「大きな一本」

[ 2019年9月27日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4-1オリックス ( 2019年9月26日    札幌D )

4回1死、本塁打を放った大田(右)は川名コーチとタッチを交わす(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・大田がプロ11年目で初の20号に到達した。移籍3年目で初めて4番に座り、4回に左翼席最前列へソロ。「大きな一本になった」と喜んだ。理想の4番像は、元同僚の巨人・阿部。「勝たなきゃいけない使命感の中でやっている阿部さんの姿が一番に思い浮かぶ」と話した。

 栗山監督も「重圧が掛かる中でどうなるか見極めていたけど、これも一つの形」と「4番・大田」が来季のオプションになるとの見方を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース