巨人・炭谷 阿部先輩に感謝の満塁アーチ!自身今季2度目のグランドスラムで勝ち越し

[ 2019年9月27日 20:00 ]

セ・リーグ   巨人ーDeNA ( 2019年9月27日    東京D )

5回2死満塁、炭谷はグランドスラムを放ち、ナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・炭谷は本拠地最終戦となるDeNA戦の5回に今季6号となる勝ち越しの満塁本塁打を放った。今季限りでの現役引退を表明している先輩捕手の阿部に、最高の形で感謝を示した。

 「ありがとう慎之助」と銘打たれた試合、2-2の4回2死満塁の打席でDeNA4番手・新藤の3球目を捉え、左中間スタンドへ。5回の守備から出場し、この日の第1打席で今季2本目、自身3本目となるグランドスラム。6-2と勝ち越しに成功した。

 4回には坂本勇の40号、阿部の通算406本塁打が飛び出し阿部は自らのメモリアルゲームに花。さらにFAで西武から入団した捕手の一発で勝利へ一歩近づいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース