「阪神の鳥谷」有終 奇跡の逆転CSへ一戦必勝「目の前の試合を全力でやるしかない」

[ 2019年9月27日 05:30 ]

打撃練習に汗を流す鳥谷(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 「阪神の鳥谷」として戦うレギュラーシーズンは3試合。逆転でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性がわずかに残る中、鳥谷がチームの姿勢、思いを代弁した。

 「目の前の試合を全力でやるしかない。その先を見ても、どうしようもないのでね」

 27日に広島が中日に勝てばCS進出の可能性が消滅するが、引き分けもしくは負けて阪神が残り3戦全勝すれば望みが叶う状況だ。過去7度、CS進出を果たしてきた男の力が必要であることは言うまでもない。

 絶対に負けられない試合では代打待機が濃厚だ。代打出場した直近10試合で3安打2四球、出塁率5割を記録しており、頼もしさは増している。数字にとどまらず「バッター鳥谷」がコールされた時に沸き起こる大歓声は相手にプレッシャーを与える。展開を左右する場面で登場すれば必ず、流れをたぐり寄せてくれるはずだ。

 この日の全体練習ではフリー打撃で広角に鋭い打球を連発。中堅の守備に就いて打球を追うなど時折、笑顔も見せながら汗を流した。その後は横田の引退試合に駆けつけ「奇跡のバックホーム」を見届けると「神様はほんまにいるんやな」と後輩に言葉をかけた。大いに刺激を受けた背番号1が、今度は奇跡を起こす番だ。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース