DeNAラミ監督、CSへ上茶谷を救援テスト「リリーフとしての資質を見たい」

[ 2019年9月27日 05:30 ]

三浦コーチ(右)と話ながら笑顔を見せる上茶谷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAのラミレス監督が、シーズン2位が決まった中で臨む27日の巨人戦を前に「上茶谷をリリーフとして使う予定。彼のリリーフとしての資質を見たい」とCSに向けた起用法をテストする方針を明かした。

 エスコバーがリーグ最多の74試合、三嶋は同2位の71試合に登板。上茶谷ならロングリリーフも可能で、救援陣の負担軽減に期待を寄せられている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース