DeNA・神里 阿部先輩から二盗も“許された” 「これがゆとり世代なのかな」

[ 2019年9月27日 22:24 ]

セ・リーグ   巨人6―4DeNA ( 2019年9月27日    東京D )

<巨・D>初回1死一塁、中大の先輩・阿部から二盗を決める神里(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAの神里和毅外野手が、中大の先輩でもある「捕手・阿部」から二盗をマークした。

 初回、先頭で右前打を放つと、1死から佐野の初球にスタートを切り、悠々二塁を陥れた。3回には一塁に回っていた阿部と塁上で会話を交わし「“お前にはまだ先があるから許す”と言われました」と振り返った。

 15学年違うが「偉大な先輩で、大学の時から“阿部はこうだった”と言われ続けてきた。(リーグ戦の)神宮のベンチにも来てくれたりしていた」と感謝の思いは強い。そんな後輩の姿に、阿部は「抜群のスタートを切って、これがゆとり世代なのかなと思った」と笑っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月27日のニュース