中日・福田 2打席連続適時打で3連勝 いざ大逆転CSへ「本当に最後まで、全部出し切って全力で戦う」

[ 2019年9月19日 21:05 ]

セ・リーグ   中日2―1巨人 ( 2019年9月19日    ナゴヤD )

連勝を飾り、マウンドでハイタッチする福田(中央)ら中日ナイン(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 大逆転でのCS出場を狙う中日が19日、首位巨人に2―1で勝利。先制された直後に福田の適時打で追いつき、8回にも福田の適時打で勝ち越し。終盤の逆転劇で2時間17分のスピードゲームを制し、チーム3連勝で対巨人の連勝を6に伸ばした。

 絶好調の3番・福田が、終盤に2打席連続適時打を放ち試合を決めた。巨人・坂本勇に一発を浴び、1点を先制された直後の6回1死、1番・平田が左前打で出塁すると、京田の犠打で二塁へ。2死二塁で迎えた3番・福田が左翼線へ適時打を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 決勝打もこの男だ。8回1死、平田が左翼への二塁打でチャンスを作ると、京田の進塁打で三塁へ進んだ。2死三塁、またも福田が左翼線へ適時二塁打を放ち1点を追加。2-1とし、この1点を守り抜いた。

 接戦での勝利に「2試合勝つことができて本当にうれしいです」と率直なコメント。巨人先発・メルセデスに5回まで1安打に封じられていたが「なかなか打ち崩すことができなかったんですけど、(小笠原)慎之介がいいピッチングをしてくれて、チャンスで僕に回してくれたので“なんとかしよう”と思って打席に立ちました」と振り返る。

 低め変化球を捉え同点に。「打てる球は打とうと思って、一発で捉えることができました」と笑顔を見せ、8回の決勝打について問われると「ロドリゲスが凄くいいピッチングしてくれて、流れも雰囲気も良くイニングに入れたので、そのまま勢いで打つことができました」と3勝目を挙げともにお立ち台に立ったロドリゲスに感謝した。

 「シーズン終盤の苦しい時期にピッチャー陣が凄い頑張っているので、なかなかチャンスは少ないですけど集中力を高めてこれからも頑張っていきたいと思います」と真剣なまなざしで、残り7試合での逆転CSを見据える。「負けられない試合が続きますけど、本当に最後まで全部出し切って全力で戦っていきますので、最後まで応援よろしくお願いします」と最後の最後まで戦い抜く決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース