楽天・平石監督 球団と来季の話「してない 考えてもしょうがないので」

[ 2019年9月19日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―2ソフトバンク ( 2019年9月18日    ヤフオクD )

<ソ・楽>ヤフオクドームでの今季公式戦最終戦を終えスタンドのファンへあいさつする平石監督(右端)ら楽天ナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 楽天の平石監督がヤフオクドームでのソフトバンク戦前に自身の来季の去就について言及。「球団とその(来季の)話はしていない。考えてもしょうがないので、目の前の試合を一生懸命やるしかない」とした。

 梨田前監督の辞任を受けて昨季途中から代行監督としてチームの指揮を執り、1年契約で今季から監督に就任した。この日のオーナー会議に出席した三木谷浩史オーナーから、監督人事に関する発言はなかった。

 チームはCS進出の可能性が残されており、安部井寛チーム統括本部本部長は「今は一試合一試合を戦っていく大事な時期。シーズンが終わってからという話になる」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース