ヤクルト 単独最下位確定もルーキー吉田がプロ初猛打賞

[ 2019年9月19日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―3阪神 ( 2019年9月18日    甲子園 )

6回、1死一、二塁、吉田が右前に同点適時打を放つ(投手・青柳)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの新人・吉田がプロ初の猛打賞をマークした。

 1点を追う6回1死一、二塁から青柳の内角低めのツーシームを右前適時打にした。「走者を進めることを心掛けて打席に入った。良い結果になって良かった」。

 しかし、7回に大山の三ゴロを捕球ミスし「3本出たのはうれしいが、あれを捕れたら同点で終われた」と悔しがった。チームは敗れて2年ぶり単独最下位が確定した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月19日のニュース